今週の幼稚園

あふれる こころ

目に見える成長は

わかりやすいものです

教科書に載っているような

標準的な成長は

わかりやすいものです

 

けれども

子どもの成長は

目に見えず

目に見える部分は

ときに 「退行している?」

 

そんな風に思えてしまう

そんな「成長」もあるわけです

 

IMG_6818

 

年長組 今年のお別れ遠足は

みんなが興味を持っている

宇宙や自然の

博物館に行ったのです

 

IMG_7014

 

のんびり過ごして

ゆっくりと回って

 

IMG_7025

 

翌日は

クラスのボードに

博物館を作りました

 

見たものを

絵にする作業は

難しいもので

 

年長組になったばかりのころは

かけない みないで わかんない

そんな言葉が 飛び交っていました

でも

 

IMG_7024

 

自分たちが見たものを

経験したことを

あふれるように

紙に描いていく

3月初めの 年長組最後の時です

 

それは決して

「絵が描けるようになった」

だけの話ではなく

 

彼らの心が

絵という表現方法に

解放されたということ

 

描きたいと 感じられるようになったこと

 

心が動かされているということ

 

自分自身を

表現して大丈夫という

安心を感じられるようになったということ

 

IMG_6981

 

北極では氷が減り

シロクマたちが 危機に瀕している理由を聞いた翌日

 

~かみさま シロクマをおまもりください

~きょうはごみを少なくしました

 

そう祈る 子どものこころは

 

あふれるように

豊かだと思うのです

 

こころは

目に見えないのです