今週の幼稚園

こころに とめる

 

モッコウバラの横で

芽吹く いちょう

小さいズボンの

形をしてる

 

DSC_0053

 

梅雨には

葉っぱの屋根の下

外で遊んだ

 

 

太陽の光を

体全体に受けて

濃い緑を

もっと濃くして

 

DSC_0146

 

 

少しずつ

緑から黄色へ

色づくとき

 

DSC_1029

 

晩秋

 

それは金色に光るとき

目にまぶしく

ここちよく

 

DSC_0195

 

真冬

 

堂々とした

その姿は

力強く

 

IMG_7305

 

その下で

遊ぶことはもうできないけれど

 

わたしたちを 育んでくれた

聖愛幼稚園の大いちょうに

 

心から

感謝するのです

 

DSCN0555

 

今まで ありがとう

 

小さなおうちのように

みんなで 引っ越しができればよかったね

 

悲しく さびしくて

涙も出てしまうけれど

 

小さな赤ちゃんとして

また

きっと 会えるよね

 


 

 

こどもの姿に

大人のわたしたちは

心を柔らかくすることを 学びます

 

それは

どんなときでも

今を生きている

こどもらしさを 感じるときです

 

DSC_0318

 

工事が始まりました

 

大人にとっても

こどもにとっても

今ある 大切なものたちが

壊されていくこと

なくなっていくこと

それは とても つらいことです

 

でも

こどもたちは

その中で 初めて出会う ことがらに

驚きをもって 興味を持ち始めます

 

工事は 嫌なことだと

思い込んでいる わたしたちを横目に

 

こどもたちは 工事ごっこを始めます

 

間近で見る 重機は

それはもう 興味深いもののようです

 

だから

わたしたちは 思います

 

大好きな 大切なものたちが

なくなってしまう 悲しさや さびしさ

こころの痛む その姿も 大事にしたい

 

そのこころに 寄り添って

ともに 感じていきたい

 

それと同時に

今、この時を

 

新しい発見をしながら

よろこびや 楽しさを 見つけていく

その心も大切にしたい

 

いつも

こどもに

わたしたちは

教えられています