今週の幼稚園

記憶にのこる日

2020年

コロナウイルス感染症による

大忙しな日々

何を大切にするのか

保育者としての

対応や振る舞いを

自問しつつ過ごす日々です

 

 

そんな中

とり行われた

第72回卒業式

 

 

卒業生と

保護者のみの

短い式となりましたが

 

そのことが

私たちの固定観念を

削ぎ落してくれる

大切な日となりました

 

 

仮園舎の

公園での日々の過ごし方を

私たちに教えてくれたのは

そら組でした

 

 

時間を惜しむように

人が少なくなった園舎で

今まで楽しんでいた遊びをして

 

 

今日

卒業した

16名

 

年少組の時

イライラして

部屋の中で暴れている友だちがいると

テラスに出て

「そっとしておこう」

と言いながら

帰りの仕度をしていた時もありました

 

友だちの

ことばに反応して

けんかも多くありました

 

そんな卒業生のひとたち

それぞれ

 

 

怒りも大きく目立つけれど

楽しい

うれしい

さいこー!

そんな素直なこころ

 

これからの人生の中で

それは

良くもあり悪くもあるかもしれない

 

けれども

悪く見えることが

すべて悪いことではないと

あなたたちは知っています

 

どうか

その

素直なこころの目を

大切にしていってくださいね