今週の幼稚園

3年

覚えていますか

入園したて

身体が固まって

じっとしていたこの子

 

 

2年目

コロナ禍での休園を経て

少し身体が固く

でも

手の指の先

こころが

少しずつ動き出した子

 

 

3年目

身体の固さは

見られません

 

 

小さい組のひと

手を繋いで

 

 

おおきく

なりましたね

もちろん

慣れない環境で

緊張はあるでしょう

それでも

 

 

橋を渡れずにいる弟の

世話をやくわけでもないけれど

こうして

 

 

反対側で

待っている姿

なんとなく

笑ってしまった

光景でした

 

弟よ

強く生きるのよ!的な…

 

 

手を繋いでいたあの頃が

懐かしいけれど

 

こんな3年の

変化を

おもうことが

保育の醍醐味と

感じるのです